フィンペシアの効果、効能を紐解く!

髪の毛にくしを入れる外国人男性

薄毛は男性にとってとても大きな悩みですね。

20代や30代の若年層でも薄毛に悩まされる人、将来の毛髪に不安を抱える人は少なくないでしょう。

フィンペシアはAGA治療薬プロペシアのジェネリック薬品。安価で購入する事ができ、経済的にAGA治療ができるので個人輸入でも人気の医薬品です。フィンペシアの成分フィナステリドは米国食品医薬品局で男性脱毛症の治療薬として認められており、世界60カ国で承認されている信頼できるお薬です。

そんなフィンペシアの効果・効能を紐解いていきましょう。

フィンペシアの効能・効果

AGAは抜け毛を減らすだけでも薄毛を抑制する事が出来ます。薄毛が進行する前に対処しておくことが大切です。
フィンペシアの成分フィナステリドの効果として、98%の人が1年以上の長期的な服用で現状維持、または改善しています。

参照:プロペシア錠の臨床効果「国内データ(3年)」【浜松町第一クリニック】

AGAの原因

AGAは男性ホルモンのテストステロンと大きく関係しています。5aリダクターゼという酵素がテストステロンと結合する事によってジヒドロテストステロン(GHT)に変化。このGHTは髪を育てるために重要な毛母細胞を委縮させ、髪の毛の成長を妨げます。

そうなると髪が十分に成長する前に抜けてしまうので薄毛になってしまうのです。発毛には正しいヘアサイクルに整える事が重要とされます。

毛には毛周期という生え変わりのサイクルがあります。

ヘアサイクルのイラスト画像

早期成長期、後期成長期、退行期、休止期

とあり、毛は十分に成長したのちに抜け、次の毛が生えるための準備である休止期に移行していくのです。

男性の頭髪の毛周期は3~5年と言われていますが、AGAの場合は早期成長期から一気に退行期に移行してしまうのです。

有効成分フィナステリドの働き

フィンペシアの有効成分である「フィナステリド」は5aリダクターゼを抑制してDHTを作らせない働きがあります。フィナステリドが体内にある時のみ5aリダクターゼが抑制されますので、フィナステリドが体内から抜けきってしまうと5aリダクターゼはまた活動しはじめます。フィンペシアを毎日決まった時間に飲み、血中のフィナステリドを維持する事が大切です。

フィンペシアの効果

AGAは放っておくと進行してしまう疾患です。徐々に生え際が後退していき、それに伴い頭頂部が薄くなっていきます。

フィンペシアの有効成分フィナステリドには

生え際の後退、頭頂部が薄くなるのを防ぐ
髪の毛を太く長くする
毛包(毛を作り出す器官)から毛を再生する

という効果があり、薄毛を抑制しながら新しい毛を再生させていきます。

AGAは早い人で20代で症状が現れ、徐々に進行していきます。進行が進んでしまえばそれだけ治療期間も長期になりますので、早めに対処していた方が賢明でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする