フィンペシアの副作用をチェック!

白衣を着た男性医師
長期的な治療が必要になるAGA治療は金銭的負担が大きくなる事もあり、プロペシアジェネリックのフィンペシアは安価で手に入るので治療のコストカットができ経済的でもあります。そのためとても人気のお薬ですが、副作用もあります。もちろん服用した全員に副作用が現れるわけではありませんが、しっかりと頭に入れておく事も大切です。

フィンペシアの副作用を見ていきましょう。

フィンペシアの副作用

性欲減退・勃起不全

フィンペシアの副作用に性欲減退や勃起不全(ED)の副作用が報告されています。ただし発症率は性欲減退が1.1%、勃起不全が0.7%と確率は低く、過剰に心配する必要はそこまでないと言えます。
フィンペシアには男性ホルモンのを抑制する作用があるため、生殖機能に影響を与える可能性があると言われています。

肝機能障害

フィンペシアの副作用で気をつけたいのが肝機能障害です。肝臓は沈黙の臓器と言われていて、肝機能が低下していても無症状である事も多く、発見しにくいということもあります。フィンペシアを飲む前には血液検査をし、現在の肝臓の状態を確認しておきましょう。AGA治療は長期に渡る事が多く、その間も血液検査で肝臓の状態を把握しておくことは必須です。肝機能の数値に以上が認められれば直ちに服用を中止する必要があります。そのため元々肝機能に障害がある人は服用を避けた方がよいでしょう。

初期脱毛

フィンペシアを服用する事で一時的に抜け毛が増える「初期脱毛」という副作用があります。AGAの改善には正しいヘアサイクルが不可欠です。初期脱毛は正しいヘアサイクルに戻すための準備期間だといえ、薬が効いている証拠でもあります。

うつ病

フィンペシアには薄毛の原因となるGHTという男性ホルモンを抑性する効果がありますが、それに伴いホルモンバランスが崩れ不安感やイライラ感などが起こる事も否定できません。「前向きな気持ち」になるホルモンも減少してしまい、うつ病になってしまう可能性もあるようです。しかし日本の臨床試験ではうつ病の副作用が認められた報告はありません。

女性の服用は禁忌

薄毛に悩んでいるのは男性だけではなく、女性にも多く見られます。ですが、男性と女性では薄毛のメカニズムが異なるため、フィンペシアを女性が服用することは禁止されています。
女性が服用中に妊娠してしまった場合、男児胎児の生殖器官に異常が現れる可能性があります。フィンペシアの有効成分は皮膚を通して体内に吸収される事があり、コーティングが剥がれたり、割れたりしている錠剤を女性が触れないようにしてください。
男性がフィンペシアを服用し、女性が妊娠した場合は胎児に影響はありません。

病院のイラストを持つ手

このほかに頭痛、腹痛、食欲不振などが副作用として報告されています。副作用全体の発現は、1.7%と言われており、確率としては高くはありません。しかし、リスクがゼロでない限りしっかりと把握しておくことが重要です。万が一体に異常が見られれば服用を中断し、医療機関を受診しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする